公共工事

公共工事

公共工事の実績が示す信頼の証

公共工事の受注実績があるということは、弊社が官公庁から健全な会社であると認められているということに他なりません。

なぜなら、公共工事を受注するためには、発注者である官公庁の審査(経営規模・経営安定度・技術力といったことが審査されます)を受け、建設工事競争入札の参加資格を得る必要があります。公共工事は貴重な税金で行う工事なので、工事を請け負う会社は官公庁から発注された工事の規模に見合った経営規模や技術力が必要であるとともに、その内容も健全でなければならないのです。

弊社は現在、江戸川区、東京都、東京都住宅供給公社の審査を受け、建設工事競争入札の参加資格を得ております。1998年に公共工事に参入して以来、様々な工事を施工してまいりました。特に、江戸川区建設工事等競争入札参加資格審査(建築工事)に基づく等級格付では、2007年から現在まで、最上位格付となるAランクを取得し、より規模の大きい公共工事に携わっています。

お問い合わせはこちら

ご相談は、下記フリーダイヤル、もしくはメールフォームよりお願いいたします。